« 紫陽花 | トップページ | 2013・言葉のチカラ・008 »

俺が一番好きじゃない言葉?それは・・・○○○

久しぶりに会った

友人たちと話した

熱いトークを紹介しよう。

先日、友人達と

久しぶりに会い

近況を語った。

一人の友人は仕事で昇給するためにも

資格試験にチャレンジしてると

張り切ってた。

めっちゃ燃えていた。

いいね~!

でも・・・

一人の友人はくだらない噂で悩んでいた。

からり悪質でエスカレートしていた。

話を聞いていて他人事ではない部分も感じた。

そこにもう一人の友人曰く・・・

・・・・

 「 そんな低次元なやつらは

ほっといた方が良いよ」とアドバイスをしていた。

友人は続けて熱く語っていた・・・

「 俺も他人の噂は大嫌いだ。

なぜなら全くの真実性もなく

事実もなく、何も存在しない。

存在するのは嫉妬から生まれる作り話だけ。

ちょっと聞いた話なんだけどさぁ・・・・

誰から聞いたの?

それは誰でもなくその人、

本人というケースは多々ある。

・・・・

人を苦しめる噂をまき散らす馬鹿もの達。

人を苦しめる噂を巻き散らかす人ほどくだらない人間はいない。

腹が立つというより、可哀想だね。

もっと自分の事を大切にして

自分自身の事に時間を使ったらと言いたくなるよね。

自分が惨めだから

他人を引きずり降ろしたくてしょうがないんだよね。

こういった人種の共通点は・・・

社会、自分の生活に不満だらけ。

コンプレックスのかたまり。

人に馬鹿にされていると思ってしまう症候群。

嫉妬のかたまり。

プライドだけ高くて努力をしない人間。

見た目だけを飾る精神的未熟児等・・・

まだあるけど・・・・

この・・・

人を苦しめる噂で

悩み鬱になり自殺と言う事も考えられる。

人を苦しめる噂を垂れ流しする人たちは・・・

その人間たちは

噂のターゲットになる人間をいじめて

グループで楽しいのかもしれないが

その人を自殺に追い込んでいると言う事を

忘れないでほしい。

それでも人を苦しめる噂をしたいならすればいい

そんなのは人間じゃない。」

・・・・

と友人は真剣に語っていた。

・・・・・

僕は友人の話からいろいろ学ばせてもらった。

僕には大切な知人がいた。

くだらない暴言、噂、いじめで鬱になり

最後は自殺で亡くなった。

とても辛かった。

現実を受け入れるのに時間がかかった。

涙が流れて、流れて、

泣いても泣いても

涙が止まらなかった。

・・・

噂を含む言葉と言うものは

ここまで人を追い込むのか・・・

人を苦しめる噂を流すやつらを

俺は絶対に許さない。

何か言いたけりゃ

当人の前で正々堂々と語れ。

それが本来の人間の姿であると思う。

・・・

僕が友人にアドバイスをした。

もし、くだらない噂の多い環境にいるのなら

環境を変えた方が良い。

自分自身の大脳にとっても

精神にとっても

なにもプラスにならないからね。

僕だったらそんな環境は

すぐにチェンジしちゃうよ。

・・・・

もし僕の友人と同じ悩みがある方

負けないでほしい。

くだらない噂に負けるな!

環境が変えれるなら

変えた方が良いよ。

仕事先、職業、

世の中、数えきれないほどたくさんあるんだから

でもね・・・

何より大切なこと、

それは・・・

自分がそんなくだらない

噂がまったく気にならないくらいに

精神の大きな人間に成長すること。

・・・・・

俺が一番好きじゃない言葉・・・・○○○。

« 紫陽花 | トップページ | 2013・言葉のチカラ・008 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

環境って本当、大事ですよね・・・

嫌な環境にいるのなら、変えられたら、
どんなに楽だろうと思います。

よく、子供が、学校でいじめにあってる・・・と聞いたとき、
昔の親は、我慢させながら、
学校に行かせようとしましたが、

今は、我慢するとか、
そんな次元の低い、いじめでは、ないので、
即、転校させるか、学校に行かせないことが
一番良いとされてます。

それは、
その場所から逃げるのではなく、
避ける?関わらない?とでも言うのでしょうか?

今は、そんな風にして、
親は子を守るようです。
昔の親のように、学校は大事!先生の言うことが正しいなんて、言って、無理矢理、学校に行かせようとすると、
子供は、自殺したりするのです・・・
時代は、変わりましたね・・・

これは、
子供だけではなく、
大人も一緒だと思います。
大人の場合もストレスや嫉妬がほとんどです。

嫉妬する側とされる側、
これは、紙一重だけど、
自分に自信のない人ほど、嫉妬心は、スゴい!と思います。

例えば、
オバチャンが若い子に対する嫉妬・・・
男性なら、カッコいいイケメンに対する嫉妬・・・
他にもまだまだ沢山、ありますが・・・

あ~~~~怖い!!(((・・;)

オバチャンなら、
若い子に負けないくらいの色気や素敵な仕草があったら
嫉妬などいらないのに・・・

イケメンじゃなかったら、
中身で勝負するくらいの、
心のイケメンになったら良いのに・・・
だって、男は、女と違って、顔より、中身でしょ!?

女は顔だけどね・・・(笑)
なんちゃって!!(^.^)

でも・・・
No.1のホステスやママクラスは、
顔じゃないのは確かです・・・
なぜか、意外とブサイク(笑)だったりします。


なんて、
話はそれましたが、

昔も今も、嫉妬心と言うものは私たち、
生きて行く上で、なくならないものなんですよね・・・

でも、
そんなのに負けないくらいの強い心と、
なんでも話せる
本当に、信頼できる
友人や恋人がいてくれたら、
それだけで、心強いし、
頑張って、生きて行けると思います。


あけちゃんさん、コメントありがとうございます。
確かに嫉妬心からくるいじめと言うのは
時代が変わっても永遠になくならないかもですね・・
でもそれに対する対処法は時代と共に変化してますよね。
関わらない。それが一番ですよね。
心のイケメン。良いですね。
僕も心のイケメンを目指しますよ。
とても為になるコメントありがとうございました。
僕の友人もこのコメントを読んで勇気をもらってると
思います。ありがとう。

噂話…どんな所へいっても必ずといっていいほど
耳にしますよね。
ほとんどが、人を中傷するような話ですもんね。
私も、なるべく関わらず、遠ざかるようにしています。

このお話しを読み、以前当時小学生の娘が数人からのいじめで悩んでいた頃のことを思い出しました。
幸い、とても素晴らしい校長先生のお陰でずいぶんと長い間校長室登校をさせていただき、無事卒業もできました。
大人でも辛いことなのに、かなりしんどかっただろうと思います。
中学生になり、学校生活も友人関係も順調になっていった頃、たまに帰りが遅くなることがあり、理由を尋ねると、どうやら登校拒否で学校にこれない同級生の所へ授業のノートなどを持って寄っているということのようでした。
その同級生の登校拒否の理由などいろいろな噂話はありましたが、娘曰く「だって趣味もあうし話してて楽しいし、他の子がなんていってても関係ないしー」…
周りに惑わされない強くなった娘にちょっと感動しちゃいました。そんな娘も来年からは社会人になる予定。また困難にぶつかる時がくるかもしれないですね。でも、自分を大切にし、また自分をプラス方向に導いてくれる人たちを大切にしていれば、きっと乗り越えられると信じています。

ちょっと我が子自慢みたいになってしまいましたcoldsweats01   すみませんsweat01

まみーなさん
コメントありがとうございます。
今の時代、かなり病んでますよね。
まみーなさんの娘さんはすごく優しい方ですね。
きっとお母さんの育て方が素晴らしいのだと思います。
また娘さんも自分がたくさん嫌な思いをして
辛い経験をした分、友人にも優しくなれるのでしょうね。
素晴らしい、母と娘さんですね。
これから社会人になる娘さん、おめでとう。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530491/57527186

この記事へのトラックバック一覧です: 俺が一番好きじゃない言葉?それは・・・○○○:

« 紫陽花 | トップページ | 2013・言葉のチカラ・008 »

最近のトラックバック